日本人 | 言語を変更アクセシビリティ

パラリンピックにまつわる 感動のストーリー

パラリンピックは、障がいのあるトップアスリートが出場できるスポーツの祭典です。医師ルートヴィヒ・グットマン博士の提唱によって始まり、今や全世界で 3 番目の規模を誇る、人間の潜在能力の限界に挑み、全世界の人々の考え方を変えるイベントとなりました。

パラリンピック運動の創始者、サー・ルートヴィヒ・グットマンの肖像

写真: エヴァ・レフラー (Eva Loeffler)

HTYTフィルムは、『Harder Than You Think』と仮題したドキュメンタリー映画で、パラリンピック競技会の全貌を現代に描きます。

本作は、70年以上前の未公開映像を活用し、パラリンピック創設を実現した考案者から、2020年の東京パラリンピックを目指す現在のアスリート達まで、パラリンピック競技会の奇跡のストーリーを語り継ぎます。

語られることの無かったストーリー

2020年夏

2016年にブラジルで開催されたリオ・パラリンピック競技会で車椅子に乗って競技する選手

写真: ブッダ・メンデス (Buda Mendes) / Getty Images

監督

ピーター・エテッドギー & イアン・ボノート (PETER ETTEDGUI & IAN BONHÔTE)

ピーターとイアンは、ファッションデザイナーのアレクサンダー・マックイーンの伝記映画で英国アカデミー賞に2度ノミネートされた作品『マックイーン:モードの反逆児』(2018年) を手がけるなど、数々の受賞歴を誇る監督。

プロデューサー

ジョン・バトセック (John Battsek)

パッション・ピクチャーズ代表取締役・主席プロデューサー。プロデューサーを担当した『ブラック・セプテンバー』(1999年) 、エグゼクティブ・プロデューサーを担当した『シュガーマン 奇跡に愛された男』(2012年) の両作品ともにおいて、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞している。

グレッグ・ニュージェント (Greg Nugent)

HTYTフィルム共同創設者。2012年ロンドン・パラリンピック・オリンピック競技会マーケティング担当取締役。2016年に#FillTheSeatsキャンペーンを創始してブラジル人児童4万5千人をリオデジャネイロ・パラリンピックに招致した。同じく Inc. London 共同創設者のゴドリック・スミスと共に、精神医療に関する議論を変えるイギリスでのキャンペーン、Heads Together など多数の重要なキャンペーンを発足させた。

エグゼクティブ・プロデューサー

タティアナ・マクファデン (Tatyana McFadden)

パラリンピック4大会通算で、金7個を含むメダル17個を獲得したアメリカ人パラリンピアン。

バーバラ・ブロッコリー (Barbara Broccoli OBE)

兄のマイケル・G・ウィルソンと共にジェームズ・ボンド・シリーズ作品のプロデューサーを担当。2016年に英国映画テレビ芸術アカデミーの映画学部副学部長に就任。

リチャード・カーティス (Richard Curtis CBE)

カーティス氏は脚本家、監督、プロデューサーの 3 役をこなす。彼の作品には『フォー・ウェディング』 (1994)、『ノッティングヒルの恋人』 (1999)、『ブリジット・ジョーンズの日記』 (2011)、「ラブ・アクチュアリー』 (2003)、『戦火の馬』 (2011) および『イエスタデイ』 (2019) などがある。同氏はコミックリリーフ/ スポーツリリーフ/ レッドノーズ・デーの共同設立、Live 8 & the Make Poverty Historyキャンペーンのプロデュース、また国連のSDG Advocateを担当。

シャビエ・ゴンザレズ(Xavier Gonzalez)

前国際パラリンピック委員会CEO (2004年~2019年) 。「パラリンピック功労賞」受賞者。